手作りドッグフードおススメの5つはこちら

スポンサーリンク




「愛犬がドライフードを食べなくなった…」

と困ってしまうことはありませんか?

特にトイプードルやチワワなどの愛玩犬は、犬種の特徴として食わず嫌いや好き嫌いが激しいことが知られています。

かく言う筆者の愛犬・トイプードルの桜(12歳/♀)も、ドッグフードの好き嫌いが激しくて困った時期がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜のようにドッグフードの好き嫌いが激しい愛犬におススメなのが、飼い主さんが手作りしたトッピングをのせたオリジナル・フードです。

市販のドッグフードにトッピングをのせるだけの簡単レシピですが、愛犬にとっては目先が変わって美味しいご馳走になります。

今回は当ブログでおススメのプレミアム・ドッグフードを使用した手作りドッグフードのレシピを5つ紹介します!

 

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

絶対におすすめできるドッグフードtop5はこちら

おススメの手作りドッグフードのレシピ5つを紹介!

それでは、筆者おススメの手作りドッグフードのレシピを5つ紹介します。

今回は「ドッグフードおすすめランキングTOP5はこちら」で紹介したドッグフードにトッピングした手作りフードを紹介しています。

スーパーなど身近なお店で簡単に手に入る食材を使った手間のかからないレシピばかりなので、ぜひチャレンジしてみて下さいね!

 

Butch(ブッチ)ドッグフードを使用したレシピ「ブッチ・ディップのご褒美おやつ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像引用元:公式サイト

生肉に近い味わいのButch(ブッチ)ドッグフード。

すりつぶしてディップ状にしたブッチを犬用のおせんべいにのせれば、ちょっとしたご褒美おやつの出来上がり!

ブッチ・ディップにフルーツや野菜、お肉などのトッピングを添えれば色々な味を愛犬に楽しんでもらえますよ♪

【用意するもの】

・Butchドッグフード

・犬用おせんべい

・ショウガ、リンゴ、キャベツ、茹でた豚肉など少量

【作り方】

①ブッチドッグフードをすりつぶしてペースト状にしたディップを作ります。

適量のブッチをおろし金ですり下ろしてスプーンで軽く混ぜると簡単にペースト状にできます。

②作ったディップを犬用せんべいの上にのせれば、とっても贅沢で簡単なご褒美おやつの完成です。

③お好みでショウガやリンゴのすり下ろし、小さく刻んだ野菜や豚肉などを適量加えればさらにゴージャスに!

【与え方の注意点】

パセリなどのグリーン系をディップの上に載せると彩りがキレイです。

食事用のフードをおやつとして与えることになるので、カロリーオーバーにならないように注意しましょう。

ご褒美おやつを与えた日の食事量はいつもより少なめにするなどの工夫が必要です。

【参考資料】

犬用せんべいの栄養成分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像引用元:楽天市場

エネルギー量 100gあたり/393kcal
粗タンパク質 6.8%以上
粗脂肪 1.4%以上
粗繊維 3.6%以下
粗灰分 0.7%以下
水分 3.3%以下
炭水化物 87.8%以下

 

アランズ ナチュラルドッグフードを使用したレシピ「チキン✕ラムの贅沢フード」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像引用元:公式サイト

ラム肉メインのナチュラルドッグフード。

独特の香りに警戒心を抱いてしまうワンコも結構いるのではないかと思います。

そこで、ナチュラルドッグフードに食いつきが悪いワンコにおススメなのが、チキンとフルーツのトッピングです。

鶏肉の風味とフルーツの香りにつられて苦手なラム肉フードもついついペロッと食べちゃうかも!?

【用意するもの】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体重5㎏の小型犬の場合

  • アランズ ナチュラルドッグフードラム20g程度
  • バナナ4分の1~5分の1本分程度
  • リンゴ16分の1程度
  • 鶏胸肉50g程度

【作り方】

愛犬の1口大に切った鶏の胸肉を茹でます。鶏肉の量は愛犬の体重や食事量に合わせて加減しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンゴの皮と種を取り、愛犬の1口大に刻みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バナナは皮を剥いてから、やはり1口大に刻みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④ナチュラルドッグフードと茹でた鶏肉、生のフルーツを盛り付けて完成!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【与え方の注意点】

カロリーオーバーにならないように量を調節する必要があります。

食べ過ぎてしまう愛犬や運動量が少ない愛犬、太りやすい愛犬には皮付きの鶏胸肉の代わりに皮なしの胸肉や脂肪分が少ないささみを使うのもいいですね。

【参考資料】

鶏胸肉(皮付き・生)の栄養成分

エネルギー量 100gあたり/244kcal
水分 62.6g
タンパク質 19.5g
脂質 17.2g
炭水化物 0g
灰分 0.7g
ビタミン類 ビタミンA/72㎍、ビタミンD/0.1㎍、ビタミンE/(トコフェロールα0.2㎎、トコフェロールγ0.1㎎)、ビタミンK/50㎍、ビタミンB1/0.05㎎、ビタミンB2/0.08㎎、ナイアシン/7.9㎎、ビタミンB6/0.35㎎、ビタミンB12/0.3㎍、葉酸/5㎍、パントテン酸0.97㎎、ビタミンC/1㎎
脂肪酸 飽和/5.19g、一価不飽和/8.20g、多価不飽和/2.37g
コレステロール 86㎎
食塩相当量 0.1g

バナナの栄養成分

エネルギー量 100gあたり/86kcal
水分 75.4g
タンパク質 1.1g
脂質 0.2g
炭水化物 22.5g
灰分 0.8g

リンゴの栄養成分

エネルギー量 100gあたり/57kcal
水分 84.1g
タンパク質 0.1g
脂質 0.2g
炭水化物 15.5g
灰分 0.2g

 

ネルソンズドッグフードを使用したレシピ「ネルソンズとしじみのヘルシースープ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(画像引用元:公式サイト)

  • シニア犬で硬いフードが食べられなくなった子
  • 水をあまり飲まない子

には、お湯に浸してスープ状にしたドッグフードを与えてみましょう。

さらにひと手間加えて刻んだしじみを足せば、犬にとってヘルシーで美味しいご馳走スープになります。

しじみに含まれているオルニチンは人間用のサプリにも使用される成分です。

オルニチンは肝臓でアンモニアを尿素に変える働きを助けるほか、疲労回復にも効果的と言われています。

愛犬の元気がないときに与えてみてはいかがでしょうか?

【用意するもの】

体重5㎏の小型犬の場合(1日分の食事として与えるための分量)

  • ネルソンズドッグフード80g程度
  • しじみ10g程度(殻を取り除いた後の重さです)
  • 煮干し2~3匹程度(出しを取るために使います)
  • 水300cc程度

【作り方】

①しじみを塩水に2~3時間浸して老廃物や砂を吐き出させます。

水200㎖に対して小さじ5分の1~6分の1程度の塩を入れるのが目安です。

②水300ccを火にかけて煮干しとしじみを入れます。

しじみの殻が開いて1~2分したら火を止めて煮干しを取り除きます。

③しじみを取り除き、茶こしやキッチンペーパーを使ってスープを濾過します。

スープを濾過することで、鍋の底に残った砂を取り除きます。

④しじみの身の部分を殻から外し、包丁で細かく刻みます。

⑤スープに刻んだしじみとネルソンズドッグフードを浮かべたら完成です!

しばらくそのまま放置して、スープが冷めてから愛犬に与えましょう。

【与え方の注意点】

生の貝類は犬にとって毒になりますが、あさりやしじみを加熱して少量与える分には問題ありません。

しっかり身の内部まで火が通るように、少し長めに煮ましょう。

普通の煮干しは犬にとって塩分が多すぎます。

出しを取るために使用する煮干しは無塩または低塩のものを選ぶのがおススメです。

【参考資料】

しじみの栄養成分

エネルギー 100gあたり/113kcal
水分 76.0g
タンパク質 15.4g
脂質 2.7g
炭水化物 5.5g
灰分 1.8g

煮干しの栄養成分

エネルギー 100gあたり/1kcal
水分 99.7g
タンパク質 0.1g
脂質 0.1g
炭水化物 Tr(含まれてはいるが記載量に達していない)
灰分 0.1g

 

モグワンドッグフードを使用したレシピ「モグワンと牛肉のトマト煮込み」

 

 

 

 

 

 

 

画像引用元:公式サイト

元気いっぱいで運動大好きな愛犬には、栄養豊富なモグワンドッグフードと牛肉、トマトをふんだんに使った煮込み料理はいかがでしょうか?

ビタミン豊富なジャガイモとブロッコリーをプラスすれば栄養満点で言うことなしです!

水分でドッグフードが柔らかくなるので、歯が弱い愛犬にとって食べやすくなります。

【用意するもの】

体重5㎏の小型犬の場合(1日分の食事として与えるための分量)

  • 牛ばら肉30g~40g程度
  • トマト1個
  • ジャガイモ20g程度
  • ブロッコリー50g程度
  • モグワンドッグフード30g程度
  • 水100cc

【作り方】

①牛ばら肉、トマト、ジャガイモ、ブロッコリーをそれぞれ1cm角程度の大きさに切ります。

②フライパンで牛肉を軽く炒めます。

③フライパンにトマト、ジャガイモ、ブロッコリーを入れて牛肉と一緒に炒めます。

④フライパンに水100ccを入れて煮込みます。

⑤野菜が柔らかくなったらモグワンドッグフードを入れて完成です!

よく冷ましてから愛犬に与えましょう。

【与え方の注意点】

ジャガイモの芽に含まれるソラニンは人間が食中毒を起こすほど強い毒性があります。

ジャガイモの皮を剥くときには忘れずに芽の部分を取り除くようにしましょう。

歯が悪い愛犬のためには、ジャガイモやトマトを木べらで潰して煮込むのがおススメです。

【参考資料】

牛肉(輸入牛肉/ばら/脂身つき/生の場合)の栄養成分

エネルギー 371kcal
水分 51.8g
タンパク質 14.4g
脂質 32.9g
炭水化物 0.2g
灰分 0.7g

トマト(生の場合)の栄養成分

エネルギー 19kcal
水分 94.0g
タンパク質 0.7g
脂質 0.1g
炭水化物 4.7g
灰分 0.5g

ジャガイモ(茹でた場合)の栄養成分

エネルギー 73kcal
水分 81.0g
タンパク質 1.5g
脂質 0.1g
炭水化物 16.8g
灰分 0.6g

ブロッコリーの栄養成分

エネルギー 27kcal
水分 91.3g
タンパク質 3.5g
脂質 0.4g
炭水化物 4.3g
灰分 0.5g

 

カナガンドッグフードを使用したレシピ「キャベツと豆腐のカナガン・サラダ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像引用元:公式サイト

ゆでキャベツとさいの目切りした豆腐をカナガンドッグフードにトッピング。

ほかのドッグフードに比べてカロリーが高いカナガンドッグフードが、低カロリーの豆腐でかさ増しされてヘルシーなダイエットフードに早変わり!

食物繊維が豊富なキャベツと一緒に食べることで、腸内のお掃除も!

肥満気味の愛犬におススメしたいレシピです。

【用意するもの】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体重5㎏の小型犬の場合(1回分の食事として与えるための分量)

  • カナガンドッグフード30g程度
  • 豆腐1丁の12分の1程度
  • キャベツ50g程度

【作り方】

①茹でたキャベツを2㎝角程度の大きさに刻みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②豆腐を軽く湯通しして、1cm角の賽の目状に切ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③キャベツと豆腐、カナガンドッグフードを盛り付けて完成!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【与え方の注意点】

キャベツの葉は茹でるとしんなりして、犬にとってやや食べにくくなります。

愛犬がキャベツだけ残すときには、キャベツをみじん切りにして与えてみましょう。

歯がない愛犬にはみじん切りのキャベツ、砕くかふやかすかしたカナガン、すりつぶした豆腐を混ぜて与えるのがおススメです!

【参考資料】

キャベツの栄養成分(茹でた場合)

エネルギー 20kcal
水分 93.9g
タンパク質 0.9g
脂質 0.2g
炭水化物 4.6g
灰分 0.3g

木綿豆腐の栄養成分

エネルギー 72kcal
水分 86.8g
タンパク質 6.6g
脂質 4.2g
炭水化物 1.6g
灰分 0.8g

 

まとめ

この記事では既成のドッグフードをアレンジした手作りドッグフードのレシピをご紹介しました。

今回のレシピに使用したドッグフードはどれも「総合栄養食」で、それだけを毎日食べていても問題のないように作られています。

それでも、毎日毎日同じものだけを食べていたのでは、愛犬も飽きてしまいますよね。

たまには手作りドッグフードで愛犬を楽しませてあげるのも、飼い主さんの愛かもしれません!

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク